包茎治療を受けるためにどれくらいの予算を用意すべきなの?

MENU

包茎治療を受けるためにどれくらいの予算を用意すべきなの?

お金

包茎手術を考える時、気になる点の1つが包茎手術の費用ではないでしょうか。噂では100万以上かかるとか…。

 

どのくらいの予算を用意しておけば治療が可能なのか、たしかにこの点はわかりにくく気になる部分です。包茎治療の予算について見ていきましょう。

 

真性包茎とカントン包茎の場合

 

真性包茎とカントン包茎は保険が適用可能なので、費用に関しても大幅に下げることが可能です。真性包茎もしくはカントン包茎の方で、できるだけ予算を少なく抑えたい場合は保険適用での治療を検討しましょう

 

ただ、保険適用での治療が可能なのは病院の泌尿器科で、いわゆる専門クリニックでは保険が使えないのが一般的です。

 

こうして見ると泌尿器科の方が良さそうですが、専門クリニックはカウンセリングがしっかりしている、見た目も綺麗に治療してくれるなどメリットがありますので一概に泌尿器科が良いとは言えません。丁寧な対応や仕上がりの綺麗さも求めるなら保険適用できなくともクリニックを利用する価値があります。

 

仮性包茎の場合

 

仮性包茎は泌尿器科でもクリニックでも保険適用ではないので全額自己負担になります。費用はクリニックなどでも違いがあるためあくまでも目安ですが、10万円から20万円程度の予算を用意しておけば安心できるでしょう。

 

クリニックの中には10万円を切る費用で治療できるところもあり、かなり幅が広いのがわかります。

 

確実な予算を用意するというなら20万円ほどあるのが理想ですが、実際にかかる費用はもっと少なくなる可能性も十分にあります。

 

カウンセリングでの確認を

 

特にクリニックで治療を受ける場合、手術前に必ずカウンセリングが行われます。このカウンセリングは、無料で受けられることがほとんどで、気軽に利用できるサービスでもあるのですがカウンセリングの中で費用についても明確に説明されます。

 

つまりカウンセリングを受ければ自分の場合、どのくらいの予算が必要かを正確に知ることができるのです。ここでも目安の金額は紹介しましたが正確な費用は人によって違うので、最終的にはカウンセリングを受けて費用について確認するのがベストな方法です。

 

また、ホームページに費用を明記しているクリニックもありますからそちらを確認するのも1つの方法でしょう。より簡単に予算について考えられます。

 

包茎治療にかかる費用が高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれですが、いずれにしても治療することで大きなメリットがあります。悩みを解消するためにも必要な予算を用意し、包茎治療を行うことが大切です。

真性包茎手術クリニックランキング