真性包茎による発生しやすくなる亀頭包皮炎について

MENU

真性包茎による発生しやすくなる亀頭包皮炎について

真性包茎であることはペニスをコンプレックスに感じるだけではなく、様々な病気のリスクがあります。亀頭が覆われており綺麗に洗えず、不衛生になることが原因で亀頭包皮炎という病気になりやすいのです。亀頭包皮炎にかかることは真性包茎とも関係しており、改善には真性包茎を治療する必要性もあります。

 

亀頭包皮炎とはどのような病気か

 

ペニスに起こる炎症の中でも特に亀頭や包皮の部分に起こる病気です。また、ペニスに起こる病気ですが性病ではありません。一般の成人男性に多く見られ、決して珍しい病気ではありません。

 

気をつけるべき病気ですがそれほど深刻なものではなく、軟膏や抗生物質で治療します。治療を行う場合、性病ではないため泌尿器科の受診が推進されます

 

一番多い原因はペニスを不潔にしておくことです。その他には陰茎部を洗う時に使用する石鹸が合わない場合や石鹸を洗い残すなどが挙げられます。

 

真性包茎だと不潔になることから亀頭包皮炎になりやすい

 

亀頭包皮炎になる原因は多くありますが、ペニスを不潔にしておくことが主な原因です。真性包茎は亀頭が包皮によって完全に覆われている状態であり、手で剥くことができません。

 

つまり、ペニスを洗う際に陰茎部は洗えても亀頭を洗うことができないのです。そのため、亀頭に恥垢が溜まりやすくなり細菌が増殖してしまします。それが原因となり亀頭包皮炎になりやすいのです。

 

また、亀頭包皮炎は一度治っても再発することがあります。その場合、真性包茎の手術を行うことが望ましいとされています。

 

ペニスを清潔に保つことで予防

 

ペニスが不潔であることが原因で亀頭包皮炎は起こります。予防には、ペニスを清潔に保つことが求められます。仮性包茎の場合はペニスを洗う際に包皮を剥いて亀頭の恥垢を丁寧に洗い落とし、石鹸の洗い流しにも気をつけます

 

過度に洗いすぎることも亀頭包皮炎の原因となるため注意が必要です。しかし、真性包茎では亀頭を洗うことができません。そのため、根本的に解消するためには包茎手術を受ける必要があります。包茎であることが原因なら、症状を解消することができるでしょう。

 

真性包茎には亀頭包皮炎など様々な病気のリスクがあります。性病以外の病気のリスクも高まり、同じ包茎であっても仮性包茎のようにいかないことが多いのです。

 

また、亀頭包皮炎は深刻な病気ではありませんが厄介な病気であり、再発にも気をつけなければならないため、真性包茎の手術を受けることが根本的な解消方法となります。

真性包茎手術クリニックランキング