真性包茎の人が心がけたい自慰の方法と注意したいポイントとは?

MENU

真性包茎の人が心がけたい自慰の方法と注意したいポイントとは?

人間には性欲があり、男子でも女性でも同じであり、おかしなことではありません。包茎の男性であっても自慰は行いますが、真性包茎の場合は困ることがあるのです。真性包茎は普通のペニスのような自慰はできず、だからこそ真性包茎ならではの方法と注意点があります。

 

包茎でない場合や仮性包茎の場合の自慰は気持ち良い

 

男性の自慰はペニスを手でしごくようにして刺激を与え、絶頂に達することで射精に至ります。包茎でない場合は刺激の妨げになる余分な包皮がなく、亀頭も露出している状態です。

 

そのため、気持ち良く満足のできる自慰が行いやすいと言えます。また、普段から亀頭が露出しているため早漏になりにくいとも言えます。

 

仮性包茎の場合は亀頭を多く包皮を剥いて露出させることができるため、工夫は必要ですが気持ちの良い自慰が可能です。真性包茎である場合は亀頭部分が覆われているため、同じようには行えないのです。

 

真性包茎の自慰は大変である

 

まず、亀頭は余分な包皮によって完全に覆われており、仮性包茎のように剥いて露出させることができません。包皮の部分が厚くなっている場合もあり、しごいたとしても十分な刺激を感じることができません。

 

また、亀頭が普段から露出していないため刺激に弱く、早漏の原因となります。このように、亀頭が露出していないというだけで満足できるオナニーができないことが考えられるのです。

 

場合によっては亀頭や包皮輪に痛みを伴ってしまうこともあります。つまり、ペニスを痛めないように、特に包皮輪を痛めないように気をつける必要があります。

 

真性包茎ならではの自慰の方法はある

 

真性包茎では満足できる自慰が難しいのは確かです。しかし、真性包茎だからといって自慰が不可能であるということではありません。包皮により亀頭が露出されていませんが、その上から亀頭をしごくようにするという方法があります。

 

しかし、この方法だと包皮の黒ずみがひどくなる場合があるので注意が必要です。この方法は皮オナニーと呼ばれます。皮オナニー自体は悪い自慰の方法ではありませんが、亀頭を集中的にしごくことになるため慣れてしまうと気持ち良さが感じられなくなることがあります。

 

真性包茎でのオナニーは良い点よりも悪い点が目立ってしまいます。そのため、真性包茎の男性が気持ち良く満足のできる感度の高い自慰を行えるようになるためにも手術を受ける必要があるのです。

 

男性にとって本番であるセックスは大切ですが、日頃から行う自慰もまた大切なことであり、それには真性包茎であることは好ましくありません。

真性包茎手術クリニックランキング