亀頭直下埋没法という現在最もポピュラーな手術法

MENU

亀頭直下埋没法という現在最もポピュラーな手術法

包茎手術

包茎手術というのは、その患者の状況に合わせて手術方法が変わる場合もあります。ですから、包茎手術の術式というのはいくつか存在しているのですが、その中でよく採用される手術方法が亀頭直下埋没法です。

 

この亀頭直下埋没法とは、切断面を亀頭の下部に作り出し、切り取った包皮を縫い合わせるという手術方法となっています。

 

切除面に包皮を縫い合わせることになるため、包茎手術をしたことに気づかれにくくなるというメリットがあります。陰茎と亀頭の境界線あたりを切除することになりますから、縫合がずさんだったとしても、通常時であれば、誰かに気づかれることはあまりないでしょう。縫合にも成功をしているのであれば、勃起時にも目立たなくなるでしょう。

 

また亀頭直下埋没法は包茎手術の中でも、よく行われている手術の種類となっているため、20分程度という短時間で手術を完了させられるようになっています。短時間で終わらせることができるため、体への負担も最小限にできるというメリットがあります。

 

ただし縫い合わせている状態になっているわけですから、衝撃や刺激によって縫い合わせが取れてしまう可能性もあります。ですから、刺激や衝撃を与えないように気を付けながら生活をしていかなくてはなりません。

 

さらに、亀頭直下埋没法というのは、施術をする医師の技術が大きく反映をすることになります。ですから、切除する箇所を間違えてしまったり、縫合が杜撰になってしまって、激しい痛みが生じてしまったり、縫合部がほつれてしまって出血をしてしまう場合もあります。

 

実績のある病院であれば、これらのデメリットを解消させられるようになりますし、安心して手術をしてもらえるようになります。

 

体への負担はあまりないですが、切開をしたり縫い合わせをしているということに変わりはないのですから、手術をして数日ほどはあまり体を激しく動かさないようにしてください。もしも衝撃などで縫い合わせ部分から出血があるのであれば、すぐに病院に行くようにしてください。

真性包茎手術クリニックランキング