真性包茎手術と自宅での治し方|1%に属する男性の選択肢

MENU

傷跡が目立たない包茎治療の方法・根部環状切除術

根部環状切除術は傷跡が目立たないことでよく知られています。なぜ傷跡が目立たないのか、どういった手術になるのかなど、根部環状切除術について詳しく見ていき、包茎治療を受ける際に役立てられるようにしておきましょう。

 

根部環状切除術の仕組みについて

 

根部環状切除術とはペニスの根元部分にある皮を切除する方法です。環状という言葉の通り輪のように皮を切除していきます。

 

一般的に包茎治療では亀頭の下の部分の皮を切除することが多いのですが、この方法ではペニスの根本部分を切除するため傷跡が目立ちにくくなります。

 

根本部分は陰毛などで見えにくいためその効果は非常に高く、とにかく傷跡をできるだけ目立たせたくないという方には最適の方法でしょう。

 

つまり傷跡が残らない方法というわけではなく、傷跡が隠れて見えにくくなる方法といった感じです。もちろん傷跡自体もそれほど大きなものではないので見た目はとても自然になります。

 

余分な皮が多い場合も治療可能

 

治療方法によっては余分な皮が多いと対応できないことがあります。その場合は希望した方法とは別な方法で治療しなければなりませんが、根部環状切除術はそうした心配がなく、どういう状態の包茎でも治療可能というメリットがあります。

 

傷跡が目立ちにくいという点もあり、根部環状切除術が人気の高い治療法な理由にもなっています。包茎の状態には個人差があり、わずかに皮が余っている方もいればかなり余っているという方もいます。

 

どんな方でも同じように治療できるのはとても便利で、実際にこの方法での治療を行っているクリニックもたくさんあります。

 

注意点について

 

実は根部環状切除術には1つ注意しなければならないことがあります。それが真性包茎、カントン包茎の方はこの方法での治療ができないという点です。

 

ペニスの根本部分の皮を切除する方法のため、ペニスの先まで皮で覆われている真性包茎などは、どうしてもこの方法では治療が難しいからです。真性包茎の場合、ペニスの先にある皮を切除しないといけないため、この方法を利用できない形です。

 

根部環状切除術は仮性包茎の方が利用できる治療法になっていますので、自分の包茎の状態によってはこの方法での治療が行えないことがあります。

 

仮性包茎のみの方法ではありますが、仮性包茎の方にとっては傷跡が目立ちにくいと大きなメリットがあります。

 

この方法が自分に最適なのか、それとも他の方法がいいのか、詳しいことはクリニックでカウンセリングを受け、医師と一緒に相談するのがベストです。

真性包茎手術クリニックランキング