矯正器具を使って包茎を治せるのか?

MENU

矯正器具を使って包茎を治せるのか?

矯正失敗して痛い

包茎を気にしている男性はとても多いと言えます。そもそも日本人男性の多くは仮性包茎であるとされており、病院などで治療するのは恥ずかしいけれど、治せるものなら治したいと包茎を剥きたいと考えている男性も少なくありません。

 

そうした時に利用されているのが、包茎治療の矯正器具です。いわゆる包茎矯正器具と呼ばれるような商品で、インターネットで検索するといくつかのタイプの商品を見つけることが出来るでしょう。

 

リングタイプ

包茎を矯正する器具としては様々なタイプもあるのですが、特に代表的なものとしてはリングタイプがあります。これは陰茎の亀頭部分につけるようにして亀頭を露出させた状態にするものです。

 

リングをはめることによって亀頭が露出して、刺激にさらされることになることから亀頭が発達し、最終的にはリングを外しても包皮が戻らずに亀頭を露出させることが出来ると言われています。

 

このタイプの矯正器具の失敗談として最も多いのが、効果がまったくなかったと言うようなことですね。また、排尿をする時に邪魔になってしまうと言うようなことも多いようです。他にも、勃起をしてしまった時に、陰茎をしめつけてしまって痛みがあるなどの失敗談もあります。

 

接着剤タイプ

次に代表的なものとしては接着剤タイプがあります。接着剤タイプとは、余ってる包皮の部分に塗ってたくしあげるようにして包皮を重ねて接着させることによって、亀頭を露出させるタイプの矯正器具になります。

 

この接着剤タイプの失敗談もリングタイプと同様に効果がなかったと言うようなことが多いですね。他にも様々なタイプの包茎矯正器具はありますが、基本的にどの矯正器具を使っても満足が行く結果を期待することは難しいです。

 

軽度の仮性包茎であれば多少の効果を望むことは出来ますが、真性包茎やカントン包茎、仮性包茎の方は矯正器具にお金を使うのであれば、素直に医療機関を訪れた方が良いでしょう

 

近年では、包茎治療専門のクリニックなどもあり、スタッフがすべて男性であったり、他の患者と会わないように完全予約制としてプライバシーにも配慮されていますので、恥ずかしがらずに足を運んでみて下さい。

真性包茎手術クリニックランキング