ペニス本来の長さを引き出して包茎を治療する埋没陰茎矯正術とは?

MENU

ペニス本来の長さを引き出して包茎を治療する埋没陰茎矯正術とは?

男性ホルモン強め男性

包茎治療というと余った皮を切るというのが一般的で、多くの男性もこの方法をイメージするのではないでしょうか。

 

ここで紹介する埋没陰茎矯正術はこうした方法ではなく、少し変わった方法によって包茎を改善する治療法になっています。

 

埋没陰茎矯正術は余った皮を切除するのではなく、ペニスを長くすることで包茎を改善する方法です。ペニスが長くなれば皮の余りもなくなり、自然と包茎でなくなるという仕組みです。

 

問題はペニスを長くすることは可能なのかという部分ですが、ペニスは体内に埋まっている部分があり、これを引っ張りだすことで長くしています。具体的にはペニスと体内の骨を繋いでいる靭帯を切除し、ペニスを体外へと引っ張り出せるようにします。

 

こうすることで数センチ程度、長さを伸ばすことができ、皮の余りがなくなるわけです。他の治療法とはまったく別なアプローチで包茎の改善が期待できます。

 

サイズアップも目指せる

 

今紹介したように埋没陰茎矯正術はペニスの長さを伸ばすことで結果的に包茎を治療する方法です。そのため包茎を治療できると同時にペニスが長くなる、サイズアップの効果まで期待できるのです。

 

包茎の悩みと同様にペニスのサイズも男性にとって大きな悩みになり、サイズが小さいとコンプレックスの原因になってしまったりします。ペニスが長くなればそんな悩みも解消される可能性があり、2つの悩みが同時に解決される方法と言えます。

 

これはサイズにも悩んでいる方にとってはかなり大きなメリットで、包茎治療だけではない効果を期待できるのがこの方法の特徴です。

 

軽度の包茎のみという問題

 

ペニスを長くするといっても限界があります。たとえば2センチ長くできるとして、余った皮が多いと長くなっても包茎が改善されないことがあります。そのため、埋没陰茎矯正術は軽度の包茎でのみ利用できる方法となってしまいます。当然、真性包茎や嵌頓包茎には適用できません。

 

どのくらい長くなるかは個人差もあるため一概には言えませんが、いずれにしても余分な皮が多いとこの方法を希望しても治療できない可能性があることは把握しておきましょう。自分の場合この方法での治療が可能かどうか、この点は実際にクリニックで診察を受け、医師に判断してもらいましょう。

 

軽度の包茎の場合だけという条件はあるものの、傷跡も目立ちにくくサイズアップも狙えるとメリットの多い治療法なのは間違いありません。

 

もし自分がこの方法での治療が可能なら希望するのもおすすめです。まずはクリニックで治療可能かどうかを見てもらいましょう。

真性包茎手術クリニックランキング