包茎手術は何歳から受けられるのか?

MENU

包茎手術は何歳から受けられるのか?

高校の授業風景

日本人男性というのは、全体の7割ほどは包茎だといわれています。ですから、包茎手術をしたいと考えている方も多いのですが、特に多感な時期の中学生や高校生で包茎手術を受けたいという方も多いです。そのため、10代で包茎手術は何歳から受けられるのかを知りたい方も多い事でしょう。

 

包茎手術というのは、何歳からでも施術をしてもらえるようになっているのですが、未成年者で手術を受けることになるわけですから、18歳未満の方の場合、保護者の同意書がなくては包茎手術をしてもらうことはできません。また18歳でもまだ高校生の場合も、保護者の同意書が必要となります。

 

ですから、18歳未満なのであれば、必ず保護者に相談をして、保護者に同意書にサインをしてもらってから包茎手術を受けるようにしてください。

 

また、10代というのはまだ成長期となっており、これからペニスも成長をして、包茎ではなくなるという事もあります。ですから、中学生・高校生で自分は包茎だから、手術をして解消をしたいという方もいるでしょう。

 

学生の連れション風景

しかし、もうしばらくは様子を見て、高校を卒業してもまだ状態が変わらないのという事であれば、手術を検討したほうが良いでしょう。

 

多感な時期ですから、他の方に見られるのが恥ずかしいとか、包茎であることにコンプレックスを感じたりするでしょうが、手術というのは体にメスを入れるわけですから、慎重に検討をするべきなのです。

 

考えた結果、包茎手術をしてもらうことを決めたのであれば、クリニックに行ってまずカウンセリングをしてもらうわけですが、出来ることなら保護者同伴で受けることをお勧めします。

 

自分だと手術の説明を受けても理解できないこともあるかもしれませんし、保護者に送り迎えをしてもらったほうが良いでしょう。保険が適用される泌尿器科で相談してみても良いでしょう。

 

若いですから回復力があるので、手術後に日常生活に支障が出るという事はありませんが、手術後数日の間は激しい運動などは控えるようにしてください。

真性包茎手術クリニックランキング