包茎とケーラー紅色肥厚症

MENU

包茎とケーラー紅色肥厚症

ケーラー紅色肥厚症というのは、ペニスの亀頭部分に症状が表れる病気のことです。このケーラー紅色肥厚症になると、ペニスの亀頭部分などに赤みが帯びてきて、皮膚がガサついてしまうようになります。最終的には皮膚表面が剥がれ落ちてしまうこともある非常に厄介な病気です。

 

実は、このケーラー紅色肥厚症は包茎と密接な関係があります。ケーラー紅色肥厚症にかかってしまう最大の原因が包茎にあるからです。直接的な原因はペニスに溜まった恥垢です。恥垢とはペニスの皮膚から出た垢、老廃物、尿に含まれている雑菌などで構成されたもので、見た目は白い色をした垢のようなものです。

 

通常、この恥垢は入浴時などに洗い落とされるものなのですが、包茎であるという場合は包皮が存在することによって恥垢がしっかりと落ちず、溜まってしまいやすい状態になっています。

 

包皮に包まれているということは外気に触れることもなく、雑菌が繁殖しやすいと言え、非常に不衛生な環境となっています。この状態が長期間続くことによって、ペニスに炎症を起こしてしまうことがあります。

 

炎症がさらに悪化してしまうとケーラー紅色肥厚症になってしまうことになり、このことを考えると包茎の方というのはケーラー紅色肥厚症になりやすい状態であるということが言えます。

 

ケーラー紅色肥厚症になってしまった場合、薬物の利用によって治療を行うことになるのですが、これには非常に長い時間がかかってしまいます

 

最大の予防法としてはとにかく恥垢を溜めないようにして、ペニスを常に清潔な状態に保つことが大切になるのですが、包茎である場合はこれは難しいと言えます。包皮がある以上、どうしても恥垢が溜まりやすく、さらにその状態が長期間に渡って続いてしまいますのでその分ケーラー紅色肥厚症にかかってしまう可能性も高いのです。

 

そのため、まずは包茎を改善するということが重要になってきます。つまり、美容面だけではなく病気を予防するという意味でも、包茎の改善は検討の必要であると言えます。

真性包茎手術クリニックランキング