高齢者の包茎手術需要が意外と高い理由とは?

MENU

高齢者の包茎手術需要が意外と高い理由とは?

高齢者の夫婦

包茎手術と言いますと、若年層の男性が受けるものであるとイメージしている方も多いです。しかし、実際には高齢者の方であっても包茎手術を受けると言う方も多いようですね。

 

年齢を重ねることによって、老人性包茎と言う症状を発症してしまう方も多く、そうした高齢者の方からの需要はとても高いものがあると言っても過言ではありません。

 

老人性包茎とは、どんなものなのかと言いますと、年齢を重ねることによって下腹部が出てきてしまったり、皮膚が垂れてしまって皮膚の中に陰茎が埋没してしまっているような状態のことを指します。

 

また、陰茎そのものが萎縮してしまって短くなってしまっているケースや、萎縮した陰茎の上にお腹の皮が垂れてくることで陰茎が隠れてしまっているようなケースも老人性包茎と呼ばれています。

 

こうした老人性包茎になることで、性行為そのものが非常に困難になることがあるのですが、高齢者の場合はやはり介護や手術を受けるような時に、見た目が悪いということで気にしている方が多いようですね。

 

病院

他にも、介護などで男性用の尿瓶を使われることができなくなってしまって、カテーテルやおむつなどを使わないといけなくなってしまったり、女性用の尿瓶を使わないといけないことに抵抗を感じる方も沢山いらっしゃいます。そうした高齢者の方が、老人性包茎の手術を受けたいとして、近年ではその需要が高まっているそうです。

 

では、老人性包茎の治療とはどうするのかと言いますと、基本的に陰茎を覆っている包皮を切除するだけで亀頭を露出させることはほとんど出来ないようです。その為、萎縮してしまった陰茎、お腹の中に埋もれてしまった陰茎を外部に露出させる方法もあわせて取られることになります。

 

このことから、包茎手術とあわせて陰茎の増大手術を受けることになります。陰茎の増大手術としては、亀頭増大手術や長茎手術などがありますが、いずれにしても手術を受けるのであれば、老人性包茎の患者さんを多く治療してきた実績のあるクリニックで治療を受けるようにして下さい。

真性包茎手術クリニックランキング