尖圭コンジロームは真性包茎だと発症しやすくなる病気なの?

MENU

尖圭コンジロームは真性包茎だと発症しやすくなる病気なの?

ペニスには様々な問題が起こり、包茎の中では深刻である真性包茎が問題視されます。真性包茎により亀頭が不衛生となることが原因となり、性病である尖圭コンジローマの危険性が高まります。尖圭コンジローマにならないための予防法の一つは、真性包茎を治療してリスクを抑えることです。

 

尖圭コンジローマとはどのような性病か

 

HPVと呼ばれるウイルスが原因で起こる、性病の一種です。主な感染経路はオーラルを含む性行為であり、女性の場合子宮頚がんの原因であると考えられます。

 

気をつけるべきものですが、HPVに感染しているからといって必ずしも尖圭コンジローマを発症するわけではありません。

 

免疫機能で自然治癒することができますが、性病科での治療がベストな治療方法です。尖圭コンジローマのいぼは免疫力が低くなることで起こります

 

真性包茎と尖圭コンジローマの関係性について

 

尖圭コンジローマは予防することが可能です。性病であるため、性病を患っている女性とセックスをしないことです。当たり前のことですが、尖圭コンジローマ以外の性病も同じように予防ができます。

 

多くの性病はペニスが不潔な場合に患うリスクが高くなるため、清潔にしておくことで尖圭コンジローマも防ぐことにもなるでしょう。

 

真性包茎ではペニスを清潔にしておくことが難しいため、尖圭コンジローマを防ぐことが難しくなります。つまり、真性包茎であるというだけで尖圭コンジローマになる可能性が高まるのです。

 

真性包茎であることで尖圭コンジローマになる理由

 

そもそも、真性包茎であることはペニスが不健康に陥ることでもあります。真性包茎では亀頭を覆う包皮を剥いて露出させることができず、溜まった恥垢を落として綺麗にすることができません。

 

亀頭に溜まった恥垢が原因で雑菌が繁殖し、不衛生な状態となります。それは尖圭コンジローマの原因であるHPVのウイルスにとって好都合です。

 

つまり、真性包茎で不衛生な状態では尖圭コンジローマのリスクを高めるのです。そのため、真性包茎そのものを治療して尖圭コンジローマやその他性病のリスクを抑えることが望まれるのです。

 

性病は厄介なものが多く、男性のペニスにできる尖圭コンジローマもその一つです。そして、真性包茎との関わりも深く、真性包茎であるだけでそのリスクは高まるものです。

 

尖圭コンジローマを防ぐためにはペニスを清潔にすることが重要であり、真性包茎の手術を受けることは一石二鳥であると言えます。

真性包茎手術クリニックランキング