包茎はなぜペニスの成長を妨げるのか?

MENU

包茎はなぜペニスの成長を妨げるのか?

先細りのキノコ

包茎はペニスの成長を妨げるといわれていますが、一体どうしてなのでしょうか?それは、包茎だと血流が悪くなり、ペニスに十分な栄養を届けることができなくなるからです。

 

血液の中にはたくさんの栄養が含まれており、それが体の成長を促進させますが、包茎だと包皮の締め付けによって、十分な栄養をペニスに届けることができません。その結果、体は大きくなっても、ペニスだけ子供のままになってしまう場合があります。

 

また、包皮に亀頭が覆われているとペニスが成長したくても露出することができないので大きくなりづらいという理由もあります。これらが所謂「先細り」のペニスを作り上げる原因です。

 

亀頭が最初から露出していれば、スムーズに大きくなれますが、包茎だと包皮にぶつかってしまい、そこで成長が止まってしまいます。これも包茎がペニスの成長を妨げてしまう原因のひとつだといわれています。

 

高等学校の授業風景

一般的にペニスが成長する年齢というのは、中学生〜高校生くらいの二次性徴期だといわれており、この時期に包茎だとペニスが思うように成長しません。

 

普通はこの時期になると自然に包皮がめくれますが、何かしらの理由でめくれないまま成長してしまう方もいます。仮性包茎であれば、まだ成長にそこまで影響を与えることはありませんが、真性包茎だとほぼ確実にペニスの成長を妨げます。そのため、ペニスの成長のことを考えるのであれば、なるべく早い段階で包茎を対処しないといけません。

 

ただ、だからといって、大人になってからでは、ペニスを成長させることができない訳ではありません。大人になってから包茎を治療したことによって、ペニスのサイズが大きくなったという方もいますし、基本的に大人になっても体の成長を促す成長ホルモンは分泌されます。

 

今さらペニスを成長させても意味が無いと思うかもしれませんが、ペニスのサイズを大きくすることによって、自分に自信を持つことができるので、決してマイナスではありません。ペニスを成長させるためにも、まずは包茎を改善して、成長しやすい環境を整えることが大事です。

真性包茎手術クリニックランキング