包茎手術に関する宗教的儀式や道徳感

MENU

包茎手術に関する宗教的儀式や道徳感

包茎手術には実は長い歴史があります。包茎手術に関しては、割礼といった儀式もありますので宗教的な意味合いも込められていたと言っても良いかもしれません。最も古い歴史とされているのはエジプト神話の中に割礼に関するエピソードを見ることが出来ます。

 

エジプト神話における太陽神であるラーが自らの陰茎を切断し、その滴る血液から他の神々が生まれたというものがあります。このことから、太陽神ラーを信仰していた人々は割礼を行っていたとされています。事実、エジプトで発掘された男性のミイラの多くは割礼を施されていたようですね。

 

また、アフリカの他の国では成人の儀式として割礼を行っていたようです。現在も割礼を行っている地域や国はありますが、有名なのはイスラム教やユダヤ教で、出生後すぐに割礼を行われています。

 

イギリスやアメリカにおいては、宗教的道徳の観点から自慰行為は罪悪であるとされていました。その為、自慰行為を防止する目的で包茎手術は盛んに行われていました。

 

19世紀になると、自慰行為をすることで健康上の悪影響があるとされる考えが流行ったことから、さらに包茎手術は行われるようになったとされています。この当時のアメリカやイギリスでは、包皮の切除が推奨されていたこともあり、新生児の内に切除をしていたとされています。

 

その後、現代に入ってからは、医学的に包茎であることで、陰茎部分の病気になりやすいといったことも解ってきました。こうした医学的な観点から包茎手術の必要性が高まってきていると言っても良いでしょう。

 

包茎手術と言っても現在では様々な手術が行われていますし、包茎の種類によっても治療法が異なります。特に包茎と言っても軽度の仮性包茎であれば、メスを使わないで済む治療法などもありますので、気にしている方はカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

 

真性包茎やカントン包茎の場合は、陰茎部が他の疾患を引き起こしてしまう可能性もあるので、なるべく早く医療機関にて治療を行って貰うようにして下さい。

真性包茎手術クリニックランキング