包茎手術にかかる時間

MENU

包茎手術にかかる時間

手術の風景

包茎手術をする場合、手術時間がどれくらいかかるのかを知りたいという方もいることでしょう。手術時間が長いのであれば、ちょっと包茎手術をするのは躊躇してしまう方もいるのではないでしょうか?

 

もちろん、手術をしてもらうクリニックや状態によって包茎手術にかかる時間に若干の違いはあるのですが、大体30〜40分程度で包茎手術を完了させられるようになっています。

 

ただし、手術をする前に医師にカウンセリングをしてもらったり、手術についての説明、手術後の注意点などを説明してもらったりしなくてはならないですから、合計をすると1時間半から2時間くらいは見ておいたほうが良いでしょう。自分がどのような包茎になっているのか、どんな手術を行っていくのかを丁寧に説明をしてくれます。

 

医師とのカウンセリング風景

このカウンセリングは、そのクリニックの信頼性を確かめる際の判断材料になりますから、分からないことははっきりと聞くようにしてください。

 

こちらの質問に対してしっかりと分かり易く説明をしてくれるクリニックなのであれば、それだけ信頼性もあるでしょう。反対に信用できない場合は、他のクリニックを探すようにしてください。

 

手術中は全身麻酔ではなく、局部麻酔となっていますから、麻酔による体への負担も最小限にできます。また麻酔をしていても、敏感なところですし、血管も多いところでもあるわけですから、痛いのではないかと考える方もいるのではないでしょうか。

 

注射麻酔

麻酔は亀頭の周りの皮にすることになるので、少々痛みを感じる場合もありますが、しかし、麻酔が効いた後は、痛みを感じることなく手術をしてもらえます。

 

手術時間は短時間になっていますし、手術中も痛みがないですから、半日だけ休んで包茎手術をしてもらおうと考える方もいるかもしれませんが、麻酔が切れると痛みも感じるようになりますし、手術をしているわけですから、その日一日休むことを強くお勧めします。特に体を使う仕事をしているのであれば、念のために次の日も休みを取っておいたほうが良いでしょう。

真性包茎手術クリニックランキング