包茎手術前日の注意点

MENU

包茎手術前日の注意点

禁止事項を伝える医師

包茎手術を受ける際には事前のカウンセリングや診察の段階で前日の過ごし方についても指示されます。各クリニックの方針に従ってほしいのですが、あくまで目安として一般的に多い前日の注意点についてご紹介したいと思います。

 

まず包茎手術の前日で注意しなければいけない事は飲食についてです。包茎手術が午前中もしくはお昼に行われる際には、前日の夜9時以降は飲食を控える事をお勧めします。健康診断などで夜の断食を経験されている方は多いと思いますので、それほど苦痛ではないかと思います。

 

飲食を控える理由としては、包茎手術の際に使用される麻酔類の副作用として「嘔吐」があるからです。副作用の可能性は低いですが、もしも嘔吐を催した際に前日の夜遅くまで飲食をしていると吐き出してしまう恐れがあります。包茎手術が夕方や夜間であれば、前日の飲食は特に注意する必要もないでしょう。

 

自問自答する男性

あとは、この前日の段階で自分が包茎手術を受ける事に納得しているかどうか確認してみて下さい。カウンセリングや診察の際の医師やスタッフの説明に本当に納得しているかどうか、自問自答してみる事です。何か不明点や気になることを抱えたまま手術に臨む場合、もしかすると緊張のあまり気を失ってしまうなど失態を犯してしまうリスクがあります。

 

というのも、当日は誰しも緊張するものです。そんな状態の時に、疑問や不明点などを抱えたままでは更にストレスを増す状況となります。私自身は納得して手術に臨みましたが、それでも診察室に入って麻酔を打たれるまでは冷や汗が止まらず、自分でも驚くほど緊張してしまいました。

 

前日の段階というよりは、カウンセリングと診察の段階で不明点等についてはしっかりとクリアにしておくことが大切です。前日に不安になってしまったのであれば、24時間電話相談を受け付けているクリニックもありますし、ご自身が選んだクリニックで受け付けられているのであれば相談してみると良いでしょう。

真性包茎手術クリニックランキング